ブログトップ

おいしいもの探し。

東京中心の食べ歩き備忘録。美味しい国ニッポンに生まれた幸せを日々かみしめています。時々旅もしながら「食」への飽くなき探求心だけはいつだって忘れません。


by yucco
プロフィールを見る
画像一覧

初夏の湯河原 エルルカンビスへ

e0200073_23434152.jpg


梅雨入り前のとある休日。
恒例の湯河原へプチトリップ♪

e0200073_23434844.jpg
快晴!




e0200073_23435435.jpg
駅からタクシーで約10分。
山道を上がっていくとお目当てのお店 エルルカンビス があります。





e0200073_23440853.jpg
テラス席は緑がまぶしい!

e0200073_23440172.jpg
青空に届きそうな立派な竹林。

e0200073_23441415.jpg
もう7-8年前から通っていますが、来る度に癒しと活力をくれる
特別なレストランです。

e0200073_23442067.jpg
キラキラした緑を存分に楽しめる窓際の席で乾杯。
湯河原産のみかんを使ったミモザ。
スッキリした口当たりで最高。

ランチは、¥3,500、¥5,000の2種類。
私たちは、いつもの¥5,000のコースをお願いしました。


まずは、アミューズ。
(※写真は後で貼ります)
人参のマフィンとピクルス

e0200073_23442602.jpg
富士産くぬぎマスのスモークと新じゃが芋のレフォール和え
じゃが芋を西洋わさびで和えたもの。
周りを彩るくぬぎマスはクセがなくサーモンのよう。
トップには冷凍された黄身が乗っています。


e0200073_23443354.jpg
ここはバゲットもおいしい。

e0200073_23444256.jpg
ランプ牛炙りサラダ りんごと柚子胡椒ソース
こちらの前菜、本当は仔羊だったのですが、苦手とお伝えしたところ、
牛肉に換えて下さいました。
赤身肉をサラダで使う時、こういうドレッシングが相性いいんですね。
当然同じようには作れないけれど、ちょっと真似してみたくなります。


e0200073_23444869.jpg
石鯛の焼き蒸し ペッパーと焦がしバターのソース

e0200073_23445572.jpg
柔らかいというよりも身がぎゅっと締まった石鯛。
旨みも凝縮されています。


e0200073_23450213.jpg
和歌山県産猪豚のロースト アーモンドと豚のエッセンスソース

e0200073_23451053.jpg
猪と豚さんのハーフですが、まったくクセがありません。
豚肉よりも少し歯ごたえあるものの、十分柔らかい。
味の濃いお肉に負けないナッツのソースとも相性抜群です。

e0200073_23451701.jpg
桜エビのピラフ
一口だけど、ごはんものを頂けるとなんだかほっとします。

e0200073_23452563.jpg
今回はちょっと和風なデザート。
抹茶アイスの下に、クルミの寒天、青大豆の寒天が隠れています。


e0200073_23453439.jpg
プリンは2皿目のデザート。
ここの定番です。

e0200073_23454249.jpg



帰りはシェフとご挨拶。
ここのお料理は重くなくて、本当に好みです。
東京からも足を運ぶ方が多い人気店。
私も定期的にここの味が恋しくなります。
今度は少し涼しくなった頃かな。
それまで楽しみにしています。
















[PR]
by waffletime | 2017-06-22 11:28 | ・フレンチ | Comments(0)