ブログトップ

おいしいもの探し。

東京中心の食べ歩き備忘録。美味しい国ニッポンに生まれた幸せを日々かみしめています。時々旅もしながら「食」への飽くなき探求心だけはいつだって忘れません。


by yucco
プロフィールを見る
画像一覧

ザ・キャピトル東急 ORIGAMIのお重アフタヌーンティー oishii

e0200073_00103618.jpg

春らしい風が心地よかった、とある休日。
永田町のキャピトル東急ホテルでアフタヌーンティーを
楽しんできました。

e0200073_00105713.jpg

キャピトルのラウンジ「ORIGAMI」といえば、パーコー麺と
↓のジャーパンアップルパンケーキが有名。
ですが、この日はアフタヌーンティーの利用。







e0200073_00110497.jpg
涼しげな窓際の席で。


e0200073_00110910.jpg
ORIGAMIのアフティーは、通常の紅茶や他コーヒーなど、種類を替えて
何度でも頂けるものが、¥5,000。
それにグラスシャンパンが1杯付くセットが¥6,000。
私たちは当然…

e0200073_00111623.jpg
こちらを♥

e0200073_00112375.jpg
ヴーヴクリコで乾杯。

e0200073_00113080.jpg
ほどなくして、スコーンとフルーツカクテルが登場。
林檎のような形をした可愛いスコーン。
プレーンとレーズンです。

e0200073_00113654.jpg
横には、さっぱりとしたフルーツカクテルとメイプルシロップ、
オレンジジャムが添えてあります。

e0200073_00114242.jpg
ビビッドなカラーの風呂敷に包まれてメインの登場!

e0200073_00114930.jpg
鮮やかかなブルーにグリーンのパイピングが可愛い。
オレンジの方も相当可愛いです。

e0200073_00123141.jpg
そして、こんなイラスト書きのメニューも添えらえています。

e0200073_00120035.jpg
風呂敷を開けてみると、素敵なお重がお目見え。
そう、こちらはとっても和風なアフタヌーンティーなんです。

e0200073_00120828.jpg
蓋をオープン!
思わず歓声w


e0200073_00122303.jpg
一の重は、スイーツ。
本日のプチフール(マドレーヌ、マカロン、ギモーブ、生チョコ)
濃厚なピスタチオのムース

小さなロールケーキ

ミントソースを重ねたブランマンジェ

あずき、白玉に抹茶のソースをあわせたぜんざい

e0200073_00132904.jpg
これなんて、完全に「和」のスイーツ。
やっぱり抹茶が一つでも入ると、ほっこりするから不思議。

e0200073_00132118.jpg
ピスタチオのムース。
下はちょっと苦手なチョコレートクリームですが、見た目よりも軽い
食感なので美味しく頂けました。

e0200073_00123962.jpg
スイーツに合わせるのは、甘酸っぱいワイルドベリー。

e0200073_00121588.jpg
二の重は、セイボリー。
白身魚、海老、ホタテのエスカベッシュ

萬幻豚のソーセージを使ったミニホットドッグ ポテトを添えて

モッツアレラピッコロとミニトマトのカプレーゼ

赤キャベツのワインマリネ

ORIGAMI で人気の一品
低温でじっくり焼き上げたチキンモモ肉のグリル レモンをかけてさっぱりと

イベリコ豚のリエット クラッカーとともに

e0200073_00124808.jpg
シャンパン付きにして正解と思った瞬間。
イベリコ豚のリエットは、濃厚で止まらない美味しさ。

e0200073_00125640.jpg
アフティーでかつてこんなホットドッグが出てきたところが
あったでしょうか?
いえ、私はお初です。
ホテルらしい上品なホットドッグだけど、食べ応えは抜群。

e0200073_00130354.jpg
アイスカプチーノでクールダウン。

e0200073_00131256.jpg
この後も、様々なドリンクを頂きました。

e0200073_00133739.jpg



外資系ホテルが増える中、日本の老舗ホテルらしく、「和」を意識した
ORIGAMIのアフタヌーンティー。

昔からお料理には定評のあるホテルですから、美味しいのはもちろん、
一つ一つが丁寧に作られていて、日本のおもてなしを感じました。

アフティーは、スイーツとサンドイッチ系で構成されているものが
多いですが、こちらはお食事としても楽しめるような内容で、お腹も
大満足。
シーズンメニューが変わったらぜひまた伺いたいです。















[PR]
by waffletime | 2017-04-23 12:30 | ・アフタヌーンティー | Comments(0)